PR

【VRゲームで健康アップ!】ビートセイバーで目の疲れ、肩こり、運動不足を一挙に解決

メタバース

ご存知ですか?長時間のパソコン作業で目が疲れたり、肩がこったときの対策に、VRを使ったゲームは目と体をほぐしてくれます。

仕事の合間にメタクエストで体を動かすVRゲームを数分間プレイするようになってから、目と肩の疲れが解消されることに気付きました。以来、積極的にVRゲームを取り入れるようにしています。

メタクエストは、PCやスマートフォンなどの外部機器を必要とせずにVRゲームを楽しめるスタンドアロン型のVRヘッドセットです。とても手軽にVR体験できるため、おすすめです。

デスクワークのように、近距離で同じ距離を長時間見続けると、目の疲労や肩こりが起こりやすくなります。

これは、眼球周辺の筋肉や肩などの筋肉が緊張し、血流が滞るためです。

そんなときに、体を動かすVRゲームは凝り固まった眼と肩の筋肉をほぐすのに役立ちます。

近くの画面を見続けることで緊張した眼球周辺の筋肉は、遠くの動くものを追いかけることでほぐされます。

また、同じ姿勢で固まった肩の筋肉は、腕を振り回すような動作をすることでほぐされます。

私は、これらの効果を実感するためにビートセイバー(Beat Saber)というゲームをよく利用しています。

ビートセイバーは、次のリンクから25%オフで購入できます。まだ購入していない人はご利用ください。
Get 25% off Beat Saber | Meta Quest
スポンサーリンク

目の疲れ、肩こり対策のグッズ?ビートセイバー(Beat Saber)とは

いまさら説明するまでもない有名なゲームです。

ビートセイバー(Beat Saber)では、プレイヤーは2つのライトセーバー(コントローラー)を手にします。

カラフルなキューブ(サイコロ)がプレイヤーに向かって飛んできます。

各キューブには、カットする方向を示す矢印(△)が表示されています。

プレイヤーは、キューブを正しくカットすると、ポイントを獲得できます。

キューブをミスすると、コンボが途切れてポイントが減ります。

一回のプレイ時間は、ゲームミュージック1曲分の2~3分程度です。

難易度の高さや熟練度によってスコアは無限に上昇していくため、最終的なクリアという概念はありません。

ソロプレイだけでなく、マルチプレイヤーなど、様々なモードでプレイすることができますので、飽きることなく楽しむことができます。

目の疲れ、肩こり対策のグッズ?私にとってビートセイバーの5つの魅力

ビートセイバーは、手軽に運動を楽しめるVRゲームとして、多くの人を魅了しています。

私もその一人であり、日々の生活に取り入れて、心身の健康維持に役立てています

ここでは、ビートセイバーが持つ、私にとって特筆すべき魅力を5つのポイントに分けてご紹介します。

1. 手軽に始められる短時間プレイ

1回のプレイ時間は、2~3分程度と非常に短時間です。

忙しいデスクワーク作業の合間に、無理なく取り入れることができます。

ちょっとした空き時間に、気軽に運動習慣を始めてみたい方にもおすすめです。

2. 場所を選ばない省スペース設計

ビートセイバーは、広い場所を必要とせず、ラジオ体操程度のスペースがあればプレイできます。

自宅の居間や、一人暮らしのワンルームなど、限られた空間でも楽しむことができます。

運動不足解消をしたいけれど、スペースに制限がある方でも、気軽に始めることができます。

プレイの種類によってはサイドステップが必要でやや広いスペースが必要です。

環境に適したプレイを選びましょう。

3. ほどよい運動で無理なく続けられる

激しい運動ではなく、軽い運動量で楽しめるのがビートセイバーの特徴です。

息を切らすようなハードな運動ではなく、音楽に合わせて体を動かすことで、自然と汗をかくことができます。

運動初心者の方でも、無理なく続けられるのが魅力です。

4. VR酔いしにくい快適なプレイ環境

体を動かすVRゲームは、VR酔いが起こりにくい傾向があります。

私の経験では特に、ビートセイバーは、他のVRゲームと比べて、VR酔いが起こりにくいです。

その理由は、シンプルで高解像度な画面、ゆっくりとしたゲーム画面の動き、プレイヤー自身の体の動きと視覚情報の整合性の高さなどが挙げられます。

VR酔いしやすい方でも、安心してプレイを楽しむことができます。

VR酔いの一因は、視覚と身体感覚の不一致にあると考えられます。

現実と近い体験を提供できるVRほど、VR酔いが起こりにくいようですね。

VR酔いに弱い方は、フィットネス系のアプリがおすすめです。

5. 頭を使わず、無心で楽しめる爽快感

ビートセイバーは、複雑な操作を必要とせず、音楽に合わせて体を動かすだけで楽しめます。

頭を使わず、無心でプレイできるため、ストレス解消にも効果的です。

爽快な音楽と一体感のあるプレイを通じて、日々の疲れをリフレッシュすることができます。

気分転換アプリとしてもビートセイバーは最適

デスクワークで疲れた時に、ちょっとした気分転換に簡単なゲームを楽しむ人は多いのではないでしょうか。

私も30年以上前から、ソリティアやマインスイーパーなどの定番ゲームを気分転換にプレイしてきました。

マインスイーパー

ソリティア

これらのゲームは、作業の合間に気軽に遊ぶことができ、慣れると無心でプレイできて飽きることない気分転換に適したゲームだと思います。

しかし、これらのゲームでは、目の疲れや肩のこりを解消することはできません。

そこで、気分転換だけでなく、目と肩の凝りをほぐしてくれるVRゲーム「ビートセイバー」をおすすめします。

ビートセイバーは、音楽に合わせてライトセーバーを振り回すリズムゲームです。

シンプルな操作ながら奥が深く、繰り返しプレイしたくなる中毒性があります

また、全身を使う運動なので、気分転換だけでなく、運動不足解消にも効果的です。

私は、作業の合間にメタクエストを装着してビートセイバーを短時間プレイしています。

もう100回以上プレイしていますが、飽きることなく楽しめています。

ビートセイバーは、気分転換に最適なVRゲームです。

デスクワークで疲れた時に、ぜひプレイしてみてください。

次のリンクから25%オフで購入できます。まだ購入していない人はご利用ください。

メタクエストを活かしきれていない?体を動かすVRゲームで健康的なゲームライフを

せっかくメタクエストを購入したのに、飽きてほとんど使わなくなったという話をよく耳にします。

しかし、体を動かすVRゲームやフィットネスアプリを活用すれば、メタクエストは健康的なゲームライフを送るための強力なツールとなるのです。

一般的なゲームは座った姿勢で長時間をプレイすることが多く、運動量は指先だけにとどまります。

そのため、ゲームは不健康であるというイメージが根強く残っています。

一方、VRゲームは全身運動を伴うため、運動量が圧倒的に多くなります。

さらに、3次元空間を見渡すことで目の筋肉も鍛えられ、遠くを見る運動も行えます。

通常のゲームを、少しでも体を動かすVRゲームに置き換えることで、ゲームによる健康への悪影響を軽減することができます。

私も、デスクワークの気分転換アプリをできるだけビートセイバーに置き換えました。

例えば、1時間のデスクワークの間に少なくとも1回は、ビートセイバーをプレイするようにしています。

これだけで、目と肩の疲れが半減するのです。

メタクエストを活かしきれていない方、ぜひ体を動かすVRゲームを積極的に取り入れてみてください。

健康的なゲームライフを楽しみながら、運動不足も解消しましょう。

オフィスでもぜひ、リフレッシュに役立つVRゲームを採用していただきたい。

ビートセイバーは、次のリンクから25%オフで購入できます。まだ購入していない人はご利用ください。

メタクエスト2は、現在(2024年6月)品切れが多く高値が続いています。

メタクエスト購入時には、3,000円分のストアポイント付与をお忘れなく!

コメント

タイトルとURLをコピーしました